スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 蘭丸ママ
 
[スポンサー広告
蘭丸の病気発覚
昨夜、蘭丸の心臓の検査結果がわかりました。

診断: 軽度大動脈狭窄(AS)+大動脈弁閉鎖不全(AR)

左心室肥大とも判定されました。

これが診断書に書かれてあった結果でした。

医学的なことなので素人の私が説明するのもなんなので・・・
もし、どんな病気か気になった方だけ、 大動脈弁狭窄症 ←こちらをご覧下さい。

蘭丸の心臓は、今、↑のリンクの図面の1の状態だそうです。
それに付け加えて、多少の血液の逆流もみられるそうです。

軽度なので、日常生活には全く問題もなく、至って健康に見えます。
先天性なので大動脈弁狭窄症はこれ以上ひどくなる可能性は低いのですが、
左心室肥大は、蘭丸が激しい運動を続けてしまうと、悪化してしまうそうです。
このまま、今のように走らせていると、今後、突然死の可能性が高くなってしまうので、
今後、激しい運動は控えるようにと宣告されてしまいました。
激しい運動だけは避けて、普通に生活させていれば、ちゃんと寿命はまっとうできるそうです。

「軽度なので、今の段階では手術はできない。」と先生にきっぱり言われちゃいました。
この病気は一生付き合っていくしかないようです。

たぶん、金城の仲間たちはご存知のとおり、
蘭丸は走るのだけがとりえなくらいよく走るこです。
普段からほぼ毎日のように公園で走ったりもしていますし、走るのがすごく好きなんです。
だから、なんとかならないか?とちょっと先生に食い下がってみたのですが・・・
「蘭丸くんに普通の子と同じくらいの寿命をまっとうさせてあげたいのなら、
走らせるのはやめてください」

と、キッパリ言われてしまいました。
ちょっとぐらい・・・・なんて甘い考えではいずれ心不全を招くとゆうニュアンスで・・・。
かなりショックでした。

軽度ではあるので、日常の散歩くらいでは影響ないのですが、
ただ、自由に楽しそうに走る蘭丸が見られない寂しさと、
あれだけ走ることが好きな蘭丸にとって、すごく残酷なことで
蘭のことを考えたら哀しくて哀しくて、久しぶりにめそめそ泣いてしまいました。

でもねぇ、めそめそ泣いたって何も始まりませんしね!
私と夫くんは、やっぱり蘭丸に長生きしてもらいたから今後、蘭丸には制限かけて
気をつけていこうと決断しました!
思いっきり走らせて寿命が縮まってもイタグレらしい楽しい人生をまっとうさせて
あげたほうがいいのか?
ともちょっと考えがよぎったりもしましたが、
もっと蘭と一緒にいたいとゆう気持ちが打ち勝ってしまいましたね。

これからは、広いドッグランには行けなくなっちゃいますね。
広い場所だと、どうしも蘭は勝手に走っちゃうだろうし、
友達がいたら尚更走りたくなっちゃうので、蘭丸にとっては酷なことになっちゃうので
おのずと避けることになってしまいますね。
しばらくは、DRネタはなくなっちゃうかも・・・・?

ブログもDRに行けなくなっちゃうし、ネタなくなっちゃってダメかなぁ??
気分的にも落ち込んだりでやめようかなぁ・・・なんてぼんやり考えてたんですが、
せっかく記録につけてるんだし、励ましてくれる友達もこのブログで出来たので
もうちょっとのんびり続けていこうかなぁって思っています。
ネタは少なくなるかもしれませんが、頑張って続けていきたいと思うので、
これからも、デカグレ蘭丸とデカグレブログを宜しくお願いします!!





スポンサーサイト
Posted by 蘭丸ママ
comment:18   trackback:0
[蘭丸の病気]  thema:イタリアングレイハウンド - genre:ペット
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。